6月17日からポートレート写真展「夢幻泡影」開催

儚いをテーマにしたポートレート写真展です。タイトルの「夢幻泡影(むげんほうよう)」とは、「夢」「幻」「泡」「影」は、どれもすぐに消えてしまうものであることから、世の儚さのたとえとして使われる言葉。

●会期:2021年6月17日(木)~27日(日)(21日〜23日は店休日)

●営業時間:木曜日〜土曜日16:30~20:00。日曜日のみ15:00〜20:00。いずれも最終入店・ラストオーダー19時。(20日まで酒類の提供はできません)

●バーのためワンドリンク以上の注文が必要です。


5人フォトグラファーの「儚い」のとらえ方、テーマ設定などを紹介します。会場でそれぞれの世界を、物語を感じてください。

【junya chida】

テーマは「生命」。大切な人の突然な死と、新たに生まれる命にスポットを当て表現していきます。

【Tomoyuki Hayashi】

今回のテーマは「儚さと強さ」です。人の心の儚さと、その中に垣間見える強さ、美しさを表現しました。

【dri】

儚さとは時に不安を含みます。刹那の不安が偶然をもってスライスされ、写真に閉じ込められた結果、永遠の不安として複製できました。

【たしたし】

人類の危機やその打開は変化しながらも繰り返されるが、危機の中で儚く散っていった人々の想いは未来に繋がっていく。

【くぼはじめ】

思い出に残っているが、あえて思い出さないようにしている少し後悔の残る記憶、を表現しました。


Photo Bar 【sa-yo:】 フォトバーサヨウ

「写真がひとをつなぐ」をコンセプトに、作家とその場に集う人々、作品の間に、さまざまな[作用]が生まれる場をつくりたいと、店名を【sa-yo:】(さよう)としました。ゆっくりとお酒を味わいながら、写真を眺める。語らう。SNSでは得られない「その場でしか見られないもの」「その場でしか出会えないこと」を楽しんでいただきたいと思っています。 定休日:月曜日 、火曜日

0コメント

  • 1000 / 1000