6月9日から「ホリウチジョー写真展 トーキョーナイト vol.02/オレが写真を撮る理由」開催

「夜の街に潜む欲望」に魅せられ、シブヤの街を撮り始めたというホリウチジョー氏。夜の街とエッジの効いた肖像写真をライフワークとする。今展示では2000年代初めから最新撮り下ろしのストリート写真、女性肖像まで200点以上を展示する。

●会期:2021年6月9日(水)~13日(日)

●営業時間:水曜日から土曜日16:30~20:00、日曜日のみ15:00~20:00。いずれもラストオーダー・最終入店は19:30。

●バーのためワンドリンク以上の注文が必要です。(全日酒類提供はできません)

<写真家ステートメント>

2000年代初頭から「夜の街に潜む欲望」に興味を持ちシブヤの夜を撮るようになる。街の中、さまざまな場所で繰り広げられているドラマはリテイクもきかなければ予定調和で終わることなどない。そんな街の魅力に取り憑かれシブヤの夜を撮り続けるかたわら、女性が持つ「女優性」や「変身願望」「嘘」を題材に「艶と陰」も撮り続けている。

写真は「紙にしてこそ写真」という持論から、展示するという表現の場の敷居を低くし、より多くの写真好きが展示するという喜びを体感できるようにと、2019年より写真愛好家を集めた合同写真展の主宰をはじめる。今後も写真に限定せず、さまざまな表現者のための「表現の場」となる展示を企画・展開していく。


<ホリウチジョー プロフィール>

フォトグラファー

1968年ヨコハマ生まれ。大学中退後、古着屋バイヤー、アパレル企画、料理人などさまざまな業界を経て、2005年 風俗業界という「真実と虚実」が混在する世界で写真人としてのキャリアをスタートさせ、人間の欲望を撮る経験を積む。2019年 合同会社リスキースタイルラブ設立。夜のシブヤの街とエッジの効いた女体撮影をライフワークとする。


<写真展歴>

2014年 ホリウチジョー写真展「トーキョーナイト/シブヤ・光と闇」

ー主宰展示ー

2019年 合同写真展「初期衝動 十人十色+1」

2020年 合同写真展「RE*UNION」

2021年 合同展「9/NINE SENSE」

Photo Bar 【sa-yo:】 フォトバーサヨウ

「写真がひとをつなぐ」をコンセプトに、作家とその場に集う人々、作品の間に、さまざまな[作用]が生まれる場をつくりたいと、店名を【sa-yo:】(さよう)としました。ゆっくりとお酒を味わいながら、写真を眺める。語らう。SNSでは得られない「その場でしか見られないもの」「その場でしか出会えないこと」を楽しんでいただきたいと思っています。 定休日:月曜日 、火曜日

0コメント

  • 1000 / 1000