11月18日から企画写真展「Recto-Verso ストリートを象るモノたち」開催

「二面性」をテーマに募集したストリートスナップ限定の写真展。想定以上の応募作品の中から、写真家Tomas H. Hara氏と共に選出した4人のフォトグラファーが競演。「生と死」「かわいいとリアル」「光と影」など、独自の観点から捉えた作品を展示します。21日(土)16:30から、Tomas H. Hara氏のストリートスナップ のセミナー(詳細は別途お知らせ)と4人の出展者のプレゼンテーションを行います。こちらも合わせてお楽しみください。

「Recto-Verso(レクト ヴェルソ)」はフランス語で両面や左右を意味する言葉です。


●会期:2020年11月18日〜22日

●営業時間:水曜日〜金曜日16:30~22:00、土曜日と日曜日15:30~21:30。いずれも30分前ラストオーダー(土日の営業時間は通常と異なります)

●バーのためワンドリンク以上の注文が必要。

店内で会話する場合はマスクを着用してください。入店時にアルコール消毒液で手指の消毒をお願いします。アルコールが合わない方には、ノンアルコール除菌ウエットティッシュ、除菌ハンドソープも常備しています。頻繁に換気を行なっているため、店内が暑い場合がありますのでご了承ください。また混み合っていなくとも入店制限をしています。時間帯によってはお待たせする場合がありますので時間に余裕を持ってきていただけると助かります。

(この企画展は横浜市文化芸術活動応援プログラムの支援を受けています)

Photo Bar [sa-yo:] フォトバーサヨウ

「写真がひとをつなぐ」をコンセプトに、作家とその場に集う人々、作品の間に、さまざまな[作用]が生まれる場をつくりたいと、店名を[sa-yo:](さよう)としました。ゆっくりとお酒を味わいながら、写真を眺める。語らう。SNSでは得られない「その場でしか見られないもの」「その場でしか出会えないこと」を楽しんでいただきたいと思っています。 定休日:月曜日 、火曜日

0コメント

  • 1000 / 1000